お知らせ
2021/04/08
令和3年度 第1回申請書締切日は
4月23日(金)です。

2021/04/08
令和3年度 第2回申請書締切日は
6月4日(金)です。

リンク


里山整備活動への助成制度
~森林・山村多面的機能発揮対策交付金~

地域住民のみなさんがグループをつくり、森林資源の活用や里山環境の改善を目的に活動
することにより、よりよい地域づくりを支援する林野庁の助成制度です。
魅力あふれる地域作りにご活用ください。


令和3年度 森林・山村多面的機能発揮対策

森林の有する多面的機能の発揮には、適切な森林整備や計画的な森林資源の利用が不可欠だが、林業の不振、山村地域の過疎化・高齢化により森林の手入れを行う地域住民が減少し、適切な森林整備等が行われていない箇所が見られる。
地域住民、森林所有者、自伐林家等が協力して実施する里山林の保全、森林資源の利活用など、以下の取組を支援。 〔・補助率: 定額・1活動組織当たりの交付上限額: 375万円〕
〔 事業の内容 〕
木の国協議会
交付金の管理、森林のマッチング、各種研修等の実施、資機材貸与、活動組織向けセミナーの開催、アドバイザー派遣の対応等活動組織の持続的な体制を支援
市 町 村
 …と協議
活動対象森林や活動内容の有効性等を市町村が判断
活動組織:地域住民、自伐林家等で構成
支援対象となる活動組織の活動内容例
メインメニュー

サイドメニュー
(メインメューと組み合わせて実施)
地域環境保全タイプ
森林資源利用タイプ
  • 森林機能強化タイプ
    路網の補修・機能強化等
    800円/m
  • 活動の実施に必要な機材及び資材の整備
    1/2(一部1/3)以内
  • 関係人口創出・維持等活動タイプ
    50000円/年
里山林景観を維持
するための活動
最大 12万円/ha
侵入竹の
伐採・除去活動
最大 28.5万円/ha
しいたけ原木などとして
利用するための伐採活動
最大 12万円/ha
自ら設定する成果目標に基づき活動組織が事業の自己評価を実施

評価検証事業受託者:民間団体
上記の活動の検証等
活動の成果の検証(モニタリング調査等を含む)
木の国協議会、活動組織等を集めた報告・意見交換会


〒649-6211 和歌山県岩出市東坂本672
和歌山県植物公園 緑花センター内
木の国協議会
電話:0736-66-8005
e-mail:satoyama@kinokunikyougikai.jp
Copyright (c) 木の国協議会. All Rights Reserved